スーツの男性

福利厚生の充実で企業環境優良化|人事考課や社内旅行の効果

公正な評価と人材分析

笑顔の男女

企業における人材成長、それに伴う組織力、競争力、生産性の向上を実現するためには、企業に属する人材一人一人に対して公正な評価を行い、その評価に見合った処遇をしていくことのできる体制を整えなければなりません。また、それだけではなく、人材一人一人のスキルや資質を分析し、個々にあった目標設定と業務配置を行っていくことが大切です。そういった公正な評価やスキル、資質の分析というのは人事考課と呼ばれています。企業において、この人事考課を行っていく基準の決定というのは大きな課題の一つです。
人材の評価を行うのは、各部署に配置されたマネジャーが任されているかと思います。しかし、多くの企業では人事考課の基準が明確に定められていないため、マネジャーが異なると評価の基準が変わってしまうといったことがあります。それは、マネジャーの価値観の違いにより発生する評価基準の変動で、このように評価基準が変動してしまうと評価される人材は目標設定を定めることが難しくなります。そのため、人事考課の基準を明確化し、全てのマネジャーに共有する必要があるのです。人事考課の基準を統一化することによって、全ての人材は目標設定を確立することができ、それが人材成長に繋がっていくことでしょう。また、人事考課の基準を明確化する際には、マネジャーの再教育において人材一人一人のスキルや資質についての分析に関しても考える必要があります。それらを把握しておくことで、人材一人一人を最大限に活用できる業務配置を行うことが実現できるのです。