スーツの男性

福利厚生の充実で企業環境優良化|人事考課や社内旅行の効果

医師や看護師の子育て

保育士

病院に勤める医師や看護師というのは、日々忙しなく働いています。そういった医師や看護師の中には、子育てをしながら仕事と向き合っている人がいるでしょう。しかし、医療の現場というのは24時間体制というのが基本です。そのため、子育てと仕事を両立させるというのは困難なものとなるでしょう。そういった育児を行う医師や看護師をサポートするために、病院側が設ける福利厚生制度があります。その福利厚生制度というのは、病院内保育と呼ばれるものです。
病院内保育というのは、子育てをする医師や看護師の子供を病院内で預けられる保育施設です。24時間交代の医療現場において、子供を預ける保育施設というのは探しても病院内保育しか見つかりません。この福利厚生制度は、人手不足が問題視される医療の現場において、医師や看護師の定着化をはかるためのものでもあり、子育てを行う医師や看護師にとっても嬉しいものでしょう。病院内保育の特徴というのは、24時間365日稼働しているという点にあります。その規模は病院の規模によって異なりますが、比較的小規模であることが多いようです。また、自身の近くに子供を預けられることによる安心感というのは大きいでしょう。通常の保育園とくらべ利用料金が安い場合も多いので、子育てをする医師や看護師にとって利益的な福利厚生といえます。デメリットとしては、職場内の同僚や上司の子供と一緒に預けられることが多いため、人間関係に影響を及ぼす可能性があるといった点があげられます。